税理士になるための必要な条件

税理士になるには、どんなに優秀な人でもいくつかの条件をクリアしていなくてはなりません。
税理士試験を受けるのが、一番一般的な方法ですが、試験を受けるための条件が存在します。
それは、法律学又は経済学を主たる履修科目とする学部の大学を卒業している事。
もしくは大学3年生以上で、法律学又は経済学を主たる履修科目を決められた単位以上取得している事。
大学を卒業していない場合は、日商簿記検定1級か全経簿記上級を取得している事が必要です。
または、決められた職種の人で実務経験が3年以上あると税理士試験の受験資格が認められます。

上記の条件はあくまでも税理士になる為の試験を受ける為の条件です。
実際に税理士になるには、税理士試験の科目のうち5科目に合格する事が求められます。
または、特殊な職務についていた人の場合は、税理士試験の科目が一部免除されることが可能です。

弁護士と公認会計士の資格を持っている場合は、税理士登録をする事が可能です。
私権に合格した場合も、弁護士や公認会計士の場合も、税理士になるには税理士の資格を取得して税理士会に入会しなければなりません。

税理士になる為には、かなりの努力が必要ですが、社会的地位も保証され、高収入が見込め、やりがいのある仕事でしょう。